批判の嵐^^/

批判・炎上大好きです!!

    東国原、猪瀬氏の舛添批判に「資格あるのか」
    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/11(水) 11:12:17.84 ID:CAP_USER9.net
    前衆議院議員でタレントの東国原英夫(58)が10日、ツイッターを更新し、
    舛添要一東京都知事を批判している前都知事の猪瀬直樹氏について「貴方に論ずる・批判する資格があるのか」と疑問を呈した。

    東国原は猪瀬氏について10日深夜から5回に渡って連続ツイート。
    猪瀬氏が都知事を辞職する原因となった徳洲会病院からの5000万円の受領問題について触れ、
    「本人にとっては、略式起訴、罰金50万円で済んだ事案かも知れない。しかし、そうでは無いと僕は思う。
    納税者として、釈然としない疑問点や不審点が山程ある」とつづり、東国原が感じている疑問点を並べた。

    そして「そういう人間が、今、舛添都知事を論評・批判するのは、些か違和感を感じざるを得ない」とつぶやいていた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160511-00000045-dal-ent
    デイリースポーツ 5月11日(水)11時5分配信



    【東国原、猪瀬氏の舛添批判に「資格あるのか」】の続きを読む

    【テニス】『言い訳王』に「ピーナツ大の器」、豪でトミックに痛烈批判
    1 :餡子先生 ★@\(^o^)/:2016/05/10(火) 10:39:14.27 ID:CAP_USER9.net
    【AFP=時事】数々の問題行動で男子テニス界を騒がせている若手選手のバーナード・トミック(Bernard Tomic)について、地元オーストラリアのメディアは9日、「言い訳王」「ピーナツ大の器」などと厳しく批判した。

     世界ランク22位のトミックは先日、マドリード・オープン(Mutua Madrid Open 2016)の初戦でファビオ・フォニーニ(Fabio Fognini、イタリア)にマッチポイントを握られると、相手のサーブを受ける際にラケットを上下逆に持って、
    リターンするそぶりすら見せないという無礼な振る舞いを見せただけでなく、8日に開幕したイタリア国際(Internazionali BNL d\\\'Italia 2016)の初戦を、わずか8分で棄権していた。

     ローマ(Rome)での試合をわずか3ゲームで棄権したことについて、23歳のトミックは「昨晩から調子が悪かった」と説明したが、
    試合に対する思い入れが足りないことは明らかで、オーストラリアのメディアは、燃料積載容量が少ないことを皮肉って「タンク機関車のトミック」と名付けている。

     ヘラルド・サン(Herald Sun)紙は、社説のページで「欲望、情熱、戦い、高いプロ意識―こういった素質を、伸び盛りの若手テニス選手から見たいものだ」と述べた。

    「しかし実際に見せられるのは、かんしゃく、横柄な態度、その時々の気分といったもの。さらには、無礼で手に負えない行動を正当化するという、まったくもって信じられない場面すらある」

     同紙は「言い訳王」とタイトルを付けた記事の中で「その通り、これはバーナード・トミックのこと」と実名を出して批判すると、同選手がこれまでに挙げた10個の言い訳をリストアップ。これは「終わりがない犯罪記録」だとこき下ろした。

    以下ソース
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160510-00000009-jij_afp-spo

    【【テニス】『言い訳王』に「ピーナツ大の器」、豪でトミックに痛烈批判】の続きを読む

    ホリエモン、太蔵の「思春期」批判に上から発言 西川史子あ然
    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2016/05/08(日) 16:34:32.69 ID:CAP_USER9.net
    ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏(43)が8日、TBS「サンデージャポン」(日曜前10・00)に生出演。
    大阪都構想を発端に、東国原英夫氏(58)とツイッター上で言い争いとなったことについて言及した。

    先月放送されたテレビ番組で、堀江氏が「大阪都構想は本を出していれば成功していたかもしれない」と持論を展開すると、
    東国原氏がツイッター上で「本の出版って」などと苦言。これに対して「まだグダグダ言ってんですか。バラエティ番組の企画ごときに」と堀江氏が応戦し、言い争いになっていた。

    堀江氏は東国原氏との“バトル”について「番組側に言ってと言われて言ったら、東さんが『何言ってるの?』みたいなことを言い出した」と説明し、自身の正当性を主張。
    すると元衆院議員でタレントの杉村太蔵(36)から「堀江さんは問題提起の天才。ただ、一理あるなと思いながら納得できない。
    我々が反論すると『おかしな考え方』だと言う。思春期、反抗期の主張に近いものがある」と批判を受けた。

    この批判に対し、堀江氏は「簡単に言うと、あなたたちには理解できないことをやってるから、僕はうまくいったりとかするわけですよ」と“上から発言”。
    医師でタレントの西川史子(45)は「何その発言!ちょっと考えられない」と驚いていた。

    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/08/kiji/K20160508012548170.html
    2016年5月8日 11:20

    【ホリエモン、太蔵の「思春期」批判に上から発言 西川史子あ然】の続きを読む

    このページのトップヘ