批判の嵐^^/

批判・炎上大好きです!!

    【詐欺師】YouTuberヒカルがインサイダー疑惑で炎上 疑似株式サービスVALU(バリュー)
    1 :動物園φ ★@\(^o^)/:2017/08/18(金) 06:33:01.69 ID:CAP_USER9.net
    YouTuberヒカルがVALU(バリュー)でインサイダー疑惑により炎上!VAZ、NextStage顧問の井川氏が大儲けした事も判明し詐欺を指摘する声も
    ENDIA 2017/08/16 更新
    作成者/takowasa

    会社が人を株式会社に見立てるサービス「VALU(バリュー)」をYoutuberのヒカルが始め、ファンの買いを煽る為に株主優待を匂わせるような発言やツイートを行いました。

    しかし株価が上がってきたところで身内のみ(NextStage、株式会社VAZ顧問の井川氏など)が所持している株を全て売却し、最終的に優待はしないと宣言。

    これにより損をしたユーザーなどによる批判の声が相次ぎヒカルはネット上で炎上、NextStage顧問の井川氏はインサイダー疑惑が持たれるなど話題になっているようです。騒動の一連の流れをまとめました。

    YouTuberヒカルのVALUインサイダー騒動まとめ

    Youtuberヒカル。VALUを始め、株主優待も発表するとVALUの買いを煽るツイート

    株主優待の内容発表を前にヒカルのVALUはストップ高

    VALUの価格が上がり続けてる途中、株主優待も発表間近のところで井川さんがヒカルたちのVALUを今朝突然手放す

    ヒカル自身が持ってる全VALUを昨日の終値で売り出す

    ヒカルが昨日の終値で売り出したことによりヒカルのVALUは大暴落

    最初の買いを煽るツイートを削除し。VALU内のアクティビティで株主優待をやらないことを宣言。

    以下ソース
    http://endia.net/youtuber-hikaru-valu

    関連
    【話題】カリスマYouTuberヒカルの年収は5億円 「日本一にふさわしいのはぼく」
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502838504/

    前スレ ★1 2017/08/16(水) 11:21:07.36
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502983859/

    【【詐欺師】YouTuberヒカルがインサイダー疑惑で炎上 疑似株式サービスVALU(バリュー)】の続きを読む

    【話題】<牛乳石鹸>広告が炎上!「もう買わない」の声「意味不明」「ただただ不快」批判殺到!
    1 :豆次郎 ★@\(^o^)/:2017/08/17(木) 04:46:18.57 ID:CAP_USER9.net
    牛のマークでお馴染みのロングセラー商品「牛乳石鹸」の広告が、インターネット上で「不快だ」との批判を浴びている。

    物議を醸している広告は、2017年6月に公開された「与えるもの」と題したWEBムービーだ。いったい、何が問題視されたのだろうか。

    家族思いの父親は「正しいのか」

    6月15日にYouTube上に公開されたWEBムービーは、「父の日」をテーマにした作品だ。約2分43秒の動画で、俳優の新井浩文さんが主人公の男性を演じている。妻と息子と3人で暮らす男性のある一日を描くストーリーだ。

    動画の冒頭で描かれるのは、新井さん演じる男性が出社前に家のゴミ出しをする場面。この男性にとって、今日は息子の誕生日。職場での休憩中には、妻から頼まれた息子のためのケーキとプレゼントを買いに行く。

    ここで、男性の心情を表したかのように、

    「あの頃の親父とは、かけ離れた自分がいる。家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか」

    とのナレーションが読み上げられる。

    その後、プレゼントとケーキを手にした男性は、仕事でミスをした後輩を飲みに連れて行く。居酒屋では、携帯に妻からとみられる着信が入るが、男性はこれを無視する。

    飲み会を終えて帰宅した男性に対し、妻は「何で飲んで帰ってくるかな」と呆れたように一言。これに男性は「風呂入ってくる」と返し、そのまま風呂場へ。入浴シーンでは、牛乳石鹸が大写しになった後、男性は気持ちを切り替えるかのように顔を洗う。

    風呂から出た後、男性は妻に向かって「さっきはごめんね」と謝罪。家族は改めて、息子の誕生日を祝い始める。その後、画面には「さ、洗い流そ」とのキャッチコピーが表示され、動画はそのまま終わる。

    「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」

    この動画について、牛乳石鹸の公式ウェブサイト上では、「父と子の絆。とある男のなんでもない1日の物語」とした上で、「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」と説明している。

    だが、インターネット上では、公開から2か月程が経った8月15日頃から、動画の内容についての批判が相次ぐことになった。ツイッターやネット掲示板には、

    「ただただ不快な気分になる」
    「子どもの誕生日に飲んで帰って来て何を洗い流すの!?」
    「約束しておきながら、ひとりだけ違和感を抱えて約束をたがえる(略)男性が何を伝えたいのか、まったくわからない」

    といった声が相次いでいる。そのほか、「本当に意味不明だった」「何を言いたいのこれ...」と制作意図が分からず困惑した様子の投稿も目立った。

    一方、作品が描いた男性の心情に共感するユーザーも少数ながら出ており、ネット上には、

    「何を言いたいか、誰をくすぐりたいかはわかる」
    「『お父さん』の気持ちが分かる様な気がしないでもない」

    などの声も見つかる。ただ、「男としての葛藤、分かるよ、分かります」と理解を示した上で、「でもそれ、牛乳石鹸と関係あるかしら?」との疑問を投げかける意見もあった。



    2017年8月16日 19時45分 J-CASTニュース
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13481365/

    写真


    2017/08/16(水) 21:34:31.92
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502893884/

    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1502899686/

    【【話題】<牛乳石鹸>広告が炎上!「もう買わない」の声「意味不明」「ただただ不快」批判殺到!】の続きを読む

    松井が須藤凜々花を痛烈批判!「悪は必ず 滅びますね 神様が 許すはずが ありません」
    1 :47の素敵な(玉音放送 typeR)@\(^o^)/:2017/06/30(金) 09:43:53.93 .net
    テーマ:真実を語る
    2017-06-30 09:00:00

    さて、
    尾行の件ですが
    これは、
    まぎれもなく
    真実です
    私は
    病気にはなっておりません
    頭も、お陰様で
    脳みそは入っています


    まずは、これをご覧ください
    電気代の領収証です



    私の家は
    地下1階、地上3階の
    4フロワーの構造になっております
    ドイツで建築学を学んだ方に
    お願いしました

    健康面と光熱費のことを考慮して
    この、建築方を選びました

    そのことから
    光熱費が通常よりも
    安い金額に押さえられます

    たかい!と
    お声が上がるかもしれませんが
    自慢のつもりはございません
    ご理解くださいね

    夜、電気を使っていたころの
    電気代は、
    37956円

    しかし、一切、
    夜に電気を
    使わなくなった
    ことで
    12897円

    約3分の1に
    減額しています

    急激に電気代が下がったことから
    東京電力の方が不審に思われました
    そんなことから、
    以前は、女性の方がご自分の目で、
    メーター検針してくださっておりましたが

    急遽、
    最新の機械に変わりました

    尾行から
    逃れている
    この
    1年5か月
    一夜も、電気をつけたことはありません

    文明社会に、身をおきながら
    夜は真っ暗な家で
    生活をしています

    これは、すべて
    尾行から身を
    守る手段です

    何ごとも証拠は大切です
    よって、
    電気代の領収書を
    アップさせていただきました

    悪は必ず
    滅びますね
    神様が
    許すはずが
    ありません

    http://ameblo.jp/matsui-kazuyo/entry-12288226735.html

    【松井が須藤凜々花を痛烈批判!「悪は必ず 滅びますね 神様が 許すはずが ありません」】の続きを読む

    このページのトップヘ