批判の嵐^^/

批判・炎上大好きです!!


    1 :待った名無しさん (5級):2018/05/24(木) 15:34:26.66 .net

    死ね!!
    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【_____________貴乃花を批判する非リアのキチガイは自殺しろ4_____________】の続きを読む


    1 :あずささん ★:2018/06/20(水) 18:26:33.66 ID:CAP_USER9.net
    ■ロシアワールドカップ1次リーグH組(19日、コロンビア1−2日本、サランスク)

    香川真司(29)=ドルトムント=とは対照的に、ベンチスタートで後半25分から出場した本田圭佑(32)=パチューカ=は、ふてくされた様子でインタビューに現れた。勝ち点3を取れたことは良かったとしつつ、表情はさえない。

    「内容はそこまでいいものではなかった。試合展開も見ての通り、相手が10人の中で80分くらい戦って、アドバンテージを生かしきれたとは言い切れない結果だった」

    試合内容を辛辣に批評した。ハリルホジッチ前監督の戦術を公然と批判してきた本田にとって、解任劇までは“想定通り”の展開だった。それだけに、トップ下で先発した9日のスイス戦でパッとせず、この日ベンチスタートとなったことは、よほど納得がいかなったのだろう。

    本田は後半28分、自身のCKが決勝点につながったことについては「結果を出すということだけにこだわってこれまで準備をしてきた。自分に与えられた時間はわずかだったが、しっかりと決勝点に絡む仕事ができて、そこに関しては非常にうれしく思う」。途中出場という決断を下した西野朗監督をチクリと皮肉った格好だ。

    香川から本田へ。両エースの間でバトンが渡り、全員でもぎ取った勝利に他ならないが、香川と本田のポジション争いはなお激烈。2戦目以降も共存が課題となる。手綱を引く西野監督の手腕が今後も問われる。

    ソース/夕刊フジ
    https://www.zakzak.co.jp/spo/news/180620/spo1806200015-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsListSpo

    【本田、ベンチスタートに納得いかず 試合後の会見はふてくされた様子で辛辣批判と皮肉】の続きを読む


    1 :名無しさん必死だな:2018/06/16(土) 10:34:15.82 ID:TicJOHPYd.net
    BF5:“女性キャラクター登場”へ反発する人へのEAのメッセージ
    https://fpsjp.net/archives/311863

    『Battlefield V(バトルフィールド 5)』、トレイラーで女性兵士がフィーチャーされていたことに起因し、
    Twitterなどで「差別・偏見を回避するために、歴史に忠実であることを犠牲にしている」という反発が起きていることに対してElectronic Artsが反論。
    最終的には「受け入れるか、ゲームを買わないか」とまで言わしめたインタビューがこちらになります。

    第二次世界大戦に関与した女性について

    EAでチーフオフィサーを務めるパトリック・ソダーランド氏は、この反発を真っ向から否定。事実は全く異なることであることを主張しています。

    「BFへの女性の登場は、開発チームが推し進めたものです」
    「BFVの多くは見たこともない、聞いたこともない、プレイしたこともない要素で構成されています。第二次世界大戦に女性はいなかったというのが良くある認識ですが、実際には多くの女性が参戦していました」

    ソーダランド氏の主張は、まず歴史的にも第二次世界大戦に関与した女性が存在したことから始まります。しかし、氏が本当に伝えたいことはこの事実ではありません。

    パパ、何でコミュニティーは反発してるの?

    実際にソダーランド氏には13歳になる娘がおり、彼女がTwitterなどでの激しい反発を目にして口にした言葉は「お父さん、どうなってるの?」だったそうです。
    ソダーランド氏の娘さんは『フォートナイト』をプレイしており、『フォートナイト』では女性としてプレイできるのに対し、Twitterでの反発がなぜ起きているのかが理解できなかったようです。
    それを見たソダーランド氏は父親としてどう反応すべきかを悩んだ結果、「お前は正しい。これではダメだ」と答えたそうです。

    「これがもっともらしいシナリオであると理解できない無学な人たちは存在します。耳を貸して欲しい。これはゲームなんです」

    「現代ではゲームは、以前よりも性別の多様性に溢れています。ゲームをプレイしたい女性は多くいるし、かっこいい女性としてプレイしたい男性も存在する」
    「反発は受け付けられません。私達には信念があるのです。今回のように理解しない人たちは2つの選択肢がある。受け入れるか、ゲームを買わないか。どちらでも構いませんが、現状のままは良くありません」

    日本でよくある「受け入れられずともとりあえず謝っておけばいい」という対応に比べると、少々過激に見える氏の発言ではありますが、
    海外での生活も長い筆者にとってはこのメッセージがゲームを「男性の特権」と捉える人たちに向けたメッセージのように聞こえます。

    ゲームを楽しむという行動は人種や性別を超えたものであり、特に近代ではそれは当たり前のことです。
    デベロッパーとしてではなく、パブリッシャーとしてこのメッセージを届けたEAとソダーランド氏には一部からさらなる批判が寄せられそうですが、筆者は正直な気持ちを伝えたことに尊敬すら覚えます。

    「女性が出るからリアルではない」といった反発をかき消すほどの楽しい体験を『BFV』が届けてくれることを期待しましょう。
    『Battlefield V(バトルフィールド 5)』の発売日は10月19日で、対象機種はPlayStation 4、Xbox One、PC。10月11日にEA AccessとOrigin Accessで先行トライアル、10月16日にデラックスエディションの先行購入者向け先行アクセスが実施されます。

    【【悲報】EA「BF5はポリコレに配慮して女兵が出る。嫌なら買うな。」←大炎上】の続きを読む

    このページのトップヘ