批判の嵐^^/

批判・炎上大好きです!!

    【芸能】<バカリズム>女性芸能人の「インスタ投稿」批判に喝采!
    1 :@Egg ★@\(^o^)/(★):2017/04/17(月) 07:56:47.95 ID:CAP_USER9.net
    お笑い芸人のバカリズムが、SNSで自撮り画像を披露する女性芸能人に痛烈なダメ出しだ。
    4月10日放送の「ヨロシクご検討ください」(日本テレビ系)で、「言い訳がましいキャプションをつけて投稿する人が多すぎる」と指摘したもの。

    この日はすっぴん画像を披露したタレントの吉木りさを例に取り上げ、「全然寝てないと大抵ブスになります」と言い訳する吉木に対して「自己顕示欲を隠蔽している」と喝破。
    素直に自慢したい、良く見てもらいたいという気持ちを解放すべきだと主張し、視聴者からの喝采を浴びていた。

    バカリズムは以前にも、女性芸能人がついついやってしまいがち“悪癖”に目を付け、
    それをテーマにした歌を発表。その曲をなんと日本武道館で披露したことがある。テレビ誌のライターが説明する。

    「3月16日に開催された、バラエティ番組『ゴッドタン』(テレビ東京系)から生まれたライブイベントの『マジ歌ライブ2017〜マジ武道館〜』です。
    そこで披露した曲『女性芸能人の「特技:モノマネ」は地獄の入り口』が、その絶妙な切り口で話題に。
    女性芸能人がやるモノマネは結局、自己顕示欲を隠す手段に過ぎないというバカリズムの指摘には説得力がありました」

    歌詞の中では女性タレントのモノマネを「笑わせるための手段とみせかけ」「カワイイと思われるための手口」と批判。
    ジブリや動物をマネしがちなのも、自分を可愛く見せたいからだと論破した。

    そんなバカリズムの問題提起を受けて、モノマネが減るのか。女性芸能人のSNSを見る時の楽しみがひとつ増えたようだ。

    2017年4月17日 7時15分 アサジョ
    http://news.livedoor.com/article/detail/12945232/

    写真


    【【芸能】<バカリズム>女性芸能人の「インスタ投稿」批判に喝采!】の続きを読む

    【速報】安倍昭恵のお友達の読売アナウンサー、復興相を怒らせた記者を批判する 報道は完全に自民寄り [716259949]
    1 :番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です (ワッチョイ 063f-qCIk):2017/04/09(日) 22:05:14.25 ID:GqaiaiLe0?2BP(1000)

    植村 なおみ 4月7日 15:28 ·
    ..

    木を見て森を見ず、どころか。。。
    木しか見せず、森を見せないまま一方的に非難する。

    ちゃんと全体を見せた上、見た上で判断すべきだと思う。

    報道に携わる者として
    忸怩たる思いでいっぱいになる。



    今村復興相「報道」 メディアの呆れた実態
    https://www.facebook.com/naomi.uemura1/posts/1667140019969810

    【【速報】安倍昭恵のお友達の読売アナウンサー、復興相を怒らせた記者を批判する 報道は完全に自民寄り】の続きを読む

    【芸能】夏目三久の存在を抹消!マツコ有吉「怒り新党」の不自然すぎる最終回に批判殺到
    1 :砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/:2017/03/30(木) 17:23:11.44 ID:CAP_USER9.net
    3月29日、バラエティ番組「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)が最終回を迎えた。最後の放送は、これまでのVTRを振り返る総集編的な内容だったという。

    「最終回では、番組の看板コーナー『新・三大○○調査会』全245回の中から、特に反響の大きかった作品を有吉とマツコが振り返りました。
    そして番組の最後には、新番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』のセットがお披露目され、番組は終了。
    また今回で降板となる青山愛アナが、感極まって涙を流す場面も視聴者から注目を集めました」(テレビ誌記者)

    そんな同番組は、11年に番組を開始して以降、青山アナに変わるまで約5年もの間、夏目三久が進行役として出演し続けてきた。
    しかし最終回では、過去を振り返る内容ながら、夏目に関係した話題は一切なかったのである。

    そのため視聴者からは、不満の声が多く上がったという。

    「放送後、視聴者からは『夏目ちゃんの話題がなぜないの?』『5年も出てきた人の存在を抹消するなんて芸能界の闇を感じる』『夏目ちゃんを出さないなんて不自然だ』と批判の声が上がりました。
    夏目といえば昨年、有吉との熱愛が報じられたものの、夏目側が完全否定。のちに最初に報じた新聞社が謝罪文を掲載する事態にまで発展しました。
    また一部の報道では、芸能界のドンと言われる夏目の事務所社長が、熱愛に激怒したとの憶測が飛び交ったため、
    最終回では『ドンの力が働いたのでは?』と、黒い噂が再燃することとなったのです」(前出・テレビ誌記者)

    長年、番組を見続けてきた視聴者からは、最後に花束を持って夏目が現れるのではないかとも期待されていた。
    しかしフタを開けてみれば、本人の登場どころか、出演者が一切、夏目の話題に触れなかったことで、疑問を抱いた視聴者が多かったようだ。

    関連記事:“業界のドン”が夏目三久の交際に猛反対!有吉弘行の仕事が激減の可能性も… http://www.asagei.com/excerpt/65328

    http://news.livedoor.com/article/detail/12868562/
    2017年3月30日 15時25分 アサ芸プラス



    【【芸能】夏目三久の存在を抹消!マツコ有吉「怒り新党」の不自然すぎる最終回に批判殺到】の続きを読む

    このページのトップヘ