批判の嵐^^/

批判・炎上大好きです!!

    AV女優 三上悠亜さん 乃木坂コスプレ→批判殺到 「衣装は自分で選んだわけじゃないから」
    1 :君の名は:2017/05/21(日) 23:41:49.17.net
    三上悠亜 @yua_mikami
    ちなみに今日の衣装は自分で選んだわけじゃないのでね
    https://twitter.com/yua_mikami/status/866243095788085252

    VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured

    【AV女優 三上悠亜さん 乃木坂コスプレ→批判殺到 「衣装は自分で選んだわけじゃないから」】の続きを読む

    【企業】悪徳商法で炎上した「PCデポ」 業績低迷、2ケタの減収減益…売掛金の相殺漏れや売上高の二重計上で過去7年間の決算訂正発表
    1 :(?∀?(⊃*⊂) ★:2017/05/16(火) 13:00:38.26 ID:CAP_USER9.net
    ピーシーデポコーポレーション(PCデポ)は5月15日、2017年3月期(16年4月〜17年3月)の連結決算を発表した。
    昨年、高齢者に対する高額なサポート契約とその解約金をめぐって批判を浴びたことから業績は低迷、2ケタの減収減益となった。

    また11年3月期以降、商品自体とサポートを一体化して提供するサービス商品に関して事務処理に誤りがあったとして、
    過去7年間の決算の訂正を発表した。

    17年3月期の売上高は462億9000万円(前年比89.4%)、営業利益は33億7800万円(82.1%)、経常利益は34億6500万円(83.2%)、
    当期純利益は22億6000万円(82.9%)だった。

    昨年8月、高齢の顧客と過剰な内容のサポート契約を結び、家族が解約を求めると高額の解約金を請求したことが大きな問題となった。
    これに伴い販売推進活動を一時自粛したほか、サービス改善のため新設した品質管理部門に販売部門から人員を配置転換ことで、売り上げが低下した。
    広告宣伝費は減少したものの、既存会員への対応でダイレクトメール発送やコールセンターの強化などを行ったことで、販管費が増大し、減収減益となった。

    今期の業績予想は売上高466億円(100.7%)、営業利益24億2000万円(71.6%)、経常利益25億円(72.2%)、当期純利益16億5000万円(72.9%)としている。

    ●売掛金の相殺漏れや売上高の二重計上も

    また11年3月期以降、売掛金を管理していた台帳の残高と、会計上の売掛金残高が相違している状態だったことが判明したとして、
    過去の決算数値を訂正することを明らかにした。相違発生の原因を同社は、今年3月に売掛金の管理システムを更新したが、

    売掛債権台帳を整備する過程で、従来のシステムでは一部の解約手続きがシステムデータに反映されない状態であったほか、
    事務作業が徹底されていなかったことがわかったためと説明している。

    このため、売掛金の相殺漏れや売上高への二重計上が発生。
    7会計年度にわたり、実態以上の売掛金が計上されていた形になる。

    現在、過去に提出した有価証券報告書、四半期報告書、決算短信等の監査手続きを行っており、5月中に監査を経た訂正報告書を東京証券取引所
    に提出するとしている。なお、前出の17年3月期決算は今回の売掛金訂正を反映済みの内容となる。

    同社が5月15日に開催した取締役会ではあわせて、6月28日の株主総会以降の役員と監査法人の候補者が決議された。
    野島隆久社長以下12名の取締役は、社外取締役の高山秀廣氏、井澤秀昭氏が退任となるが、それ以外の10名は重任。
    監査役は石井雅之氏が退任となり、元ソニーマーケティング専務で、現在PCデポの顧問を務める鈴木功二氏が新たに就任する。
    現在会計監査人を務める新日本有限責任監査法人は新創監査法人へ交代となる。(BCN・日高 彰)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000002-bcn-sci

    【【企業】悪徳商法で炎上した「PCデポ」 業績低迷、2ケタの減収減益…売掛金の相殺漏れや売上高の二重計上で過去7年間の決算訂正発表】の続きを読む

    【芸能】<古舘伊知郎アナ>「炎上発言にズレた謝罪」で、さらに批判殺到!
    1 :Egg ★@\(^o^)/:2017/05/18(木) 09:41:28.84 ID:CAP_USER9.net
    5月13日放送の『おしゃべりオジサンと怒れる女』(テレビ東京系)にフリーの古舘伊知郎アナウンサー(62)が出演。自身が起こした炎上騒動に謝罪する一幕があった。

     この番組は4月から始まった新番組で、内容は古舘アナと千原ジュニア(43)と坂上忍(49)の3人がMCを担当し、女性ゲストと彼女たちが怒っているテーマについてトークを繰り広げるというもの。ジュニアは番組冒頭に「古舘さんが大変なことになってるらしいです。炎上してはるんですって」と話を振ると、古舘アナは苦笑い。千原は続けて「『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に、声優でアニメソングを歌うグループがいるんですって。そういう人たちが出て、そういう人たちが“何なんだ?”みたいなことを、ラジオかなんかでおっしゃったんですよね?」と質問すると、古舘アナは「はい」と返答。

     ジュニアはさらに「“タモリ(71)さんも困ってたで、あいつらは〜”みたいな。“特になんか、真ん中でしゃべってた、あの子なんやねん”みたいなことを、けっこうラジオで言いはったんですって。で、炎上してるんですって」と、事情が分からない坂上に事の経緯を説明。そして「その真ん中でしゃべってた、“なんだあいつは?”って古舘さんが言うてたの、この番組のナレーターなんです」と衝撃の事実を二人に告げた

    これにはさすがの古舘アナも「えー……?」と困惑。番組では、ナレーターである尾崎由香(24)が大人気アニメ『けものフレンズ』の主要キャラ、サーバルを演じた声優で、主演舞台も決まるなど大ブレイク中だという説明テロップが流された。

     坂上は「ちょっとそれは古舘さん、まずいですよ〜」とつつき、古舘アナも「いや〜反省するわ」とテンションが下がった様子を見せた。ジュニアが「(尾崎は)もちろん(番組を)見たはりますから、ナレーションつけてくれたはるんですから、ちょっとひと言謝ってください」と謝罪を促したところ、古舘アナは「心を入れ替えて、今日からやり直したいと思います」と謝罪。

     すると途端に、尾崎の「分かった、許してあげる!」という録音済みのナレーションが流れ、古舘アナは驚愕しつつもホッとした表情を見せた。しかし古舘アナはその後「そんな特定の人をけなしてないからね」と苦しい言い訳をしたり「まったくアニメソング興味ないから」と開き直るなど、アニメファンを刺激する発言を連発していた。

    「千原ジュニアの説明が中途半端なので、分かりにくいのですが、ラジオ番組『古舘伊知郎のオールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)で、古舘伊知郎アナは『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)を見た感想として、

    アニメ『けものフレンズ』の主題歌を歌う声優グループ『どうぶつビスケッツ×PPP』に対して、“アニメとかをやってるから、声がギンギン、ギンギンイラつくような声で”と印象を述べました。

    そして、彼女たちの質問に対し“何も答えないの、タモさん”と語り、“タモさんが小さく言った言葉を、拾ってんの、マイクで。タモさんひと言、何なんだよ、って言ったんだよ”と、発言したことが、炎上した理由です。

    ネット上では“そんな雰囲気ではなかった”、“タモリはそんなことは言っていない”、“捏造(ねつぞう)だ”という指摘が多く上がりました。ちなみに録画を確認したところ、古舘アナが言うような、タモリの「何なんだよ」という発言は確認できませんでした。

    今回の古舘の謝罪は、声優の尾崎だけに向けられたもので、タモリの発言や番組の内容を自分が捏造したことには触れていなかったため、さらに炎上が加速しています」(ウェブジャーナリスト)――キャスターなら、正確な事実を把握することが大切!

    2017年05月18日 06時00分 公
    https://taishu.jp/detail/27822/

    【【芸能】<古舘伊知郎アナ>「炎上発言にズレた謝罪」で、さらに批判殺到!】の続きを読む

    このページのトップヘ